Blog運営

予想外の反響があったブログ記事ほど分析すべき理由

ブログを続けていると、思いがけない記事が大きな反響を呼ぶことがあると思います。

そんなとき「ラッキーだった!」で済ませるよりは「なぜこの記事が読まれたのだろう?」と少し考えてみることが大事だと私は思っています。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

これは東北楽天ゴールデンイーグルスなどで監督をされていた野村克也さんが好んで引用していた松浦清(江戸時代の大名、剣術士)の言葉です。

元の意味は「勝っても慢心せず、負けに繋がったかもしれない要素を分析せよ」ということですが、「予想を上回る勝ち方をしたときは、その原因を分析して次に活かせ」という受け取り方もできます。

ブログ運営に関しては後者の考え方が重要であると私は思っています。

敗因の分析は対処、勝因の分析は投資


photo credit: Josh Bancroft via photopin cc

予想外に読まれた記事ほど分析すべきである理由は、ブログでは一度記事がバズれば雪だるま式に購読者が増えていくためです。

例えば、自分の記事が口コミやSNSを介して爆発的に読まれると、定期購読者が少しだけ増えます。

定期購読者が増えると、口コミやSNSによってまた爆発的に読まれる可能性が増えます。これを繰り返して購読者数はどんどん増えていくのです。

読まれなかった記事を分析することもブログ記事の安定化の面で重要ですが、それは対処であって自分の限界を一気に突破させてくれるものではありません。

まとめ

・予想よりも反響があった記事があったらチャンス!
・なぜ読まれたのか?を分析して次に活かそう!

関連記事

●一撃でキャズムを超えよ
インターネットでは、100人のファンを掴めは成功できると言われています。しかし、一年間かけてフォロアーを100人増やしても意味がありません。最初についてくれたフォロアーはもう居ないかもしれないからです。一日で100人のフォロアーを増やすくらいでないと効果が薄いです。
via ブログをきっかけに成功を掴みたいと思っている人へ

参考書籍

2番目の本で「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」を知りました。

関連記事

  1. Blog運営

    365 1年間毎日更新してみて思ったこと6つ

    日刊はまを始めて、記事をカウントするようになってからやっと365になり…

  2. Blog運営

    RSSが廃れたら「ぼくはここにいるよ」と言い続ける必要性が高まるのかも

    Googleリーダーの廃止予告と、↓こちらの記事を読んで思った…

  3. Blog運営

    個人ブロガーは「知るべし、書くべし、休むべし」

    インベスターZという投資を題材とした漫画の中で、相場の格言として以下の…

  4. Blog運営

    情報発信の喜びは「誰かの喜び」にあり

    ブログ記事をたくさんの人に読んでもらえるのもうれしいけど、役に立った…

  5. Blog運営

    ブログに何を書けばいいのかわからない人は、苦手克服について書くといいかも

    昨日は「つながるカンファレンス」に講師として参加していました。…

  6. Blog運営

    人気漫画家の東村アキコさんに学ぶ多くの人にブログを読んでもらう方法

    「ママはテンパリスト」「海月姫」などの人気漫画家である東村アキ…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




セラピスト。32歳からの人生の生き直し1年生。一児の父、化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

セラピストとして多くの人達の人生のサポーターをしています。モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyercoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私も購読中の1分で読める仮想通貨速報(LINE@) CoinPicks
こちらの画像からLINE@の登録リンクに飛べます。

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP