GTD

タスクが多いから週次レビューを回せないという言い訳はおかしい

レビューと計画は別々に実行する | タスクセラピー

こちらの記事で、週次レビューをやりきれない原因の1つとして、計画までもいっしょにやってしまっている例を挙げました。

これとは別にもう1つ例があります。

「私は抱えている案件が多すぎるので」


「自分は多くの部下の上に立つ人間なので抱えている案件がとても多い。だから週次レビュー(タスク管理)がうまく回らないのは仕方がない」

というお話を何度か聞かせていただいたことがあります。

しかし、週次レビューをうまく回せないということは、そもそも抱えているプロジェクト全てに手を付けることが物理的に不可能な状況である可能性が高いと思います。

もちろん、私がその人の状況を真に理解することは不可能であることはわかっています。しかしもしその通りだとすれば、何かしら手をうつ必要があります。

1.誰かに任せる

手を付けられずに放置しているなら、誰もその仕事に手をつけていないことと同じです。他の誰かに任せましょう。

このとき、「俺がやったほうが早い病」に自分がかかっていないかどうかに注意してください。

手をつけずにいる期間と実際の作業時間を考えれば、誰がやっても変わりないのではありませんか?

2.やらないことを決める

任せられる人材がいない場合は、潔くいくつかの仕事を諦めましょう。

レビューのタイミングで「今はやらないプロジェクト」「止めるプロジェクト」を決め、抱える仕事の量を現実的な範囲に戻すべきです。

がんばってなんとかやるという方法は短期的には良いかもしれませんが、長期的な視点では健康や生活に支障が出るでしょう。

そして、たくさんの仕事を抱えているあなたが急に居なくなれば、関係者がさらに被害を受けるでしょう。

まとめ

仕事が多いことを理由に、全体的な視点や長期的な視点を放棄してしまうことはおすすめできません。

少しだけ時間をとって冷静に考えてみれば、誰かの力を借りたり、やらないことを決めることで、なんとか見通しを得られることも多いです。

仕事が多くなってきたときこそ、自分のためにも周りのためにも、レビューで見通しを得てみてはどうでしょうか。

関連記事

長時間労働のリスクについて考える-持続可能な働き方をしていますか?

今日の猫ちゃん


via addelburgh

関連記事

  1. Evernote

    EvernoteのInbox整理に集中するには「サイズ」でソートする

    Inbox整理というと、時系列で最新のものから手をつけるのが基本です。…

  2. Evernote

    [Evernote][GTD]5つのノートブックと1つのスタックで快適に仕事をする

    Evernoteでクローズドリストを運用する今回はEver…

  3. GTD

    GTDを習慣化させるには「収集」ステップが重要なのかもしれない

    「GTDでは、最初に数時間かけて『気になること』の収集を行うそうですね…

  4. GTD

    タスクはテキストファイルで管理する-WindowsでGTDを実践する方法(2)

    前回の記事→WindowsでGTDを実践する方法(1) GTD専用フォ…

  5. Evernote

    GTD(タスク管理)との出会い(2)EvernoteをGTD仕様に

    GTD(タスク管理)との出会い(1)挫折からはじまる | 化学系メーカ…

  6. GTD

    WinGTDがTaskChute2と相性が良い理由

    TaskChute2には、タスク開始時に予め設定しておいたハイパーリン…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




心の援助者。32歳からの人生の生き直し1年生。一児の父、化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

心の援助者として「今」から人生を生き直したい人のサポートをしている。モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。


Amazonのほしい物リストを公開中です。

贈り主にはまが毎日感謝するリスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨の口座はcoincheckを使用しています。 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。

新着VALU速報

PAGE TOP