書籍紹介

Facebookを楽しむコツは○○の写真をとること!食事でも風景でも家族でもなかった!

「Facebookって、何がおもしろいのかわからない」
「リア充の人が食事やお出かけの様子を報告し合うだけのところでしょう?」

自分もFacebookを使い始めた当初は、著者の石田愛さんと同じように思っており、Facebookの何がおもしろいのか全くわかりませんでした。

今でこそそれなりに楽しんで使っていますが、今回この本から1つのコツを教えてもらったことで、ますますFacebookを楽しめるようになりました。

楽しむコツは「自分」の写真を投稿すること

このコツを本書で知ったとき、「ああー!」っと心の中で叫びました!

Facebookを楽しそうに使っている人たち、それも比較的「いいね!」や「コメント」がたくさんつく人たちに共通している点だったからです。

「自分」の写真を投稿するといっても、目的はナルシスト的に自分を見せることではありません。

「食べました!」「会ってきました!」「参加してきました!」

そういった近況報告の1つ1つが、本人の写真と共に投稿されることで本当に「いいね!」と思えてしまうのです。特に楽しそうな顔であればなおさらです。

実践してみたら本当に楽しくなった

ということで私も実践してみました。普段は子供の写真を投稿することが多いのですが、子供といっしょに過ごしている様子を「自分と子供の写真」と共に投稿するようにしてみたのです。

すると、いつもよりもたくさんの「いいね!」や「コメント」がもらえるようになりました。

特に、いつもとは違った方からコメントでやりとりすることがとても楽しく、Facebookがますます楽しくなりました。

「いろいろ投稿してみてるけれど、今いちFacebookを楽しめてないなー」と思っている方にぜひ試してみて欲しいコツです!

編集後記

シゴタノ!のセミナーなどでお世話になっていた石田さんが書かれたFacebook本ということで本書を読んでみました。

ちょうど石田さんのFacebookの使い方が変わる様子をリアルタイムで眺めていたこともあり、「ああーあれはそういうことだったのか!」と納得することもしばしば!

石田さん、改めて夢(出版)の達成おめでとうございます!

参考図書

関連記事

  1. Blog運営

    堀江さんの「多動力」に学ぶ、時間がなくてもブログ記事を書き上げるコツ

    堀江さんの著書「多動力」を読み始めた。その中で早速、ブ…

  2. 書籍紹介

    新入社員におすすめの本がセール中なので、6冊紹介します

    基本的に電子書籍の紹介になります。iPhoneやAndroidといった…

  3. 書籍紹介

    コミュニケーション不足が残業を生むにグサリ。「20代にしなくていい20のこと/中島孝志」

    その結果、残業を決めるのは仕事量でも難易度でもなく、ひとえにその人…

  4. Blog企画

    はまの2015年に読んでおもしろかったマンガ10 #manga2015

    連載開始時期などを問わず、単に2015年に読んでおもしろかったマンガを…

  5. 小説家

    [好きなことだけする日々]漫画原作者になる方法、絵が描けなくてもマンガを描ける方法を学んだ

    今日できたこと・カウンセリングのため通院。・傷病手当金申請書の…

  6. イベントレポート

    応援し合う仲間はやはり必要だと確信しました

    2015年8月29日、ある目的を胸にたずさえて、私はとあるイベントに参…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、セラピスト修行中、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyerbitbankcoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私も購読中の1分で読める仮想通貨速報(LINE@) CoinPicks
こちらの画像からLINE@の登録リンクに飛べます。

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP