育児

自分の子供に手をあげないため、親はどうすればいいんだろう?

最近、自分の変化に驚いています。かなり稀にですが、2歳の娘の頭をパシッとはたく自分の姿があることです。

私は元々、他者に対して怒ることは滅多にありません。しかし、最近はこんな感じです。

・娘が危険なイタズラをしているので、まずは穏やかに注意する
・娘はヘラヘラして続ける or 激しく怒りだしてモノを投げる
・イラッときて、言葉だけじゃだめかと思って頭をはたいてしまう

はたいてしまう確率が特に高いのは、怒りだした娘がKindleFireやプラのおもちゃを私の顔に向かって投げつけてくるときですね。当たったらさすがに痛いので、ついカッとなってしまいます。

体罰は有りか無しか?みたいな葛藤

本当であれば、自分の子供に手をあげたくはないです。もし妻が娘に手をあげるようなことがあれば、「それはあかんよー」と間違いなく言うでしょう。

ただ、イヤイヤ期の子供を相手にして、子供のやんちゃな行動全てに対し、怒鳴ったり手をあげることなく注意できるかというと、それも難しく思うのです。

さらにこちらの記事を読んでいろいろと考えさせられています。

(3)ゲンコツによる制裁は自己矛盾を含んでいる
妻から「ゲンコツはやめようよ。自分が正しくて相手が悪かったらたたいて良い、と教えてるようなものだから。どういう理由でもダメだよ」と言われることもありました。
(中略)
3.今からでも遅くない:ゲンコツの封印
先日の記事でこの問題に触れたこともきっかけとなり、やはり親の側から改めることにしました。

2013年4月6日のことです。
「お父さんもゲンコツしないことにした、長男も我慢しよう」ということを伝えました。
via [育児]暴力を振るったら負けだと教える – 流れるような一日を

ノイさんの家庭でも似たような葛藤があり、そちらではノイさんがゲンコツを封印するという選択をとっています。奥さんのおっしゃっていることも、もっともだと思います。

さて、私はどうしよう?

今の私には、子供に手をあげる・あげないを判断するための明確な指針はありません。

ですから、せめて親がなるべく注意せず済むよう、子供が危険なことをしないよう、環境づくりをしていこうと思います。

子供が危険なイタズラをするのは、親がそれをできる環境をつくってしまっているからですよね。

ですから、私は子供に手をあげるあげない以前に、まずはそういった出来事を未然防止する方向でいこうと思います。

関連記事

  1. 育児

    4歳児と2人で往復14時間の電車の旅を行ったので備忘録(後編)

    後編です。電車での苦労とありがたかったことなど。4歳児と2人で…

  2. モノログ

    子供にLEGOを与えたら、父ちゃんも子供と遊ぶのが楽しくなった件

    私の母が、2歳半の娘のクリスマスプレゼントとしてLEGOの基本セットを…

  3. 育児

    世界で一番強いパパだけど、娘に泣かされた件

    週末、幼稚園の参観日があったんです。そのとき、もうすぐ父の日ということ…

  4. タスク管理

    はまの24時間の時間割

    タスク管理や時間管理についての講演の際に「24時間の過ごし方」について…

  5. 育児

    1歳5ヶ月のゆうちゃんは「ごんごん族」でした。

    2012年11月のトピックス・娘が1歳5ヶ月になった!・親…

  6. 育児

    1歳8ヶ月の娘は「お風呂大好き食材ハンター」でした

    2013年2月のトピックス(「このデコポンはわいのもんや!」と…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




心の援助者。32歳からの人生の生き直し1年生。一児の父、化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

心の援助者として「今」から人生を生き直したい人のサポートをしている。モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。


Amazonのほしい物リストを公開中です。

贈り主にはまが毎日感謝するリスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyercoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP