Blog運営

ブログ記事の文字数は2000文字以内に収める

あとで読むはだいたいあとで読まない | シゴタノ!

私はブログ1記事あたりの文字数はだいたい1000文字、長くても2000文字にしています。

それは、自分が発信した情報がきちんと読者に伝わって欲しいからです。

毎回、文字数の多い記事が更新されるブログも確かにすごいのですが、そういったブログはだんだんチェックするのが億劫になってくることがあります。

実際に、私の友人もこう言っていました。

「毎回すごい記事を挙げてくるブログってあるよね。でも、長文ばかりだと読むのにちょっと気合が必要。」

また、文字数が多い記事は、内容を把握するのに時間が必要になるため、コメントをつけるのも大変です。

短くわかりやすい記事であれば、コメントがつけやすいので、内容さえ良ければすぐにTwitterに流しやすいです。

関連記事

  1. Blog運営

    書評の書き方について、特にゴールと記事の成功について改めて考えてみた

    普段あまり書評を書かないため、書評記事を書くときはけっこう苦労していま…

  2. Blog運営

    【ブログの話】水を誰かに飲んで欲しいからコップをつくる

    うしぎゅーさんの壮行会のときに、大橋さん(@shigotano)といろ…

  3. Blog運営

    目的を思い返した結果、年間298記事更新の目標をやめることにしました

    2016年の年始に、「今年は298記事更新します!」と宣言しましたが、…

  4. Blog運営

    ネタがなくてもブログ更新したいときだってあるやん。それでええんやで。

    タイトルでもう言い切ってるんですけど、ブログ更新したいなーっていう気持…

  5. Blog運営

    予想外の反響があったブログ記事ほど分析すべき理由

    ブログを続けていると、思いがけない記事が大きな反響を呼ぶことがあると思…

  6. Blog運営

    【2016年のブログ抱負】ここ数年のアクセス解析をしていろいろ反省した結果!

    当初、「2015年に読まれた記事」のような内容でブログを書こうと思って…

SPONSORED LINK




はま




会社員/心理セラピスト&ライフコーチ/文筆家/ゲーマー

詳細なプロフィール・連絡先はこちらTaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP