Blog運営

ブログ記事の文字数は2000文字以内に収める

あとで読むはだいたいあとで読まない | シゴタノ!

私はブログ1記事あたりの文字数はだいたい1000文字、長くても2000文字にしています。

それは、自分が発信した情報がきちんと読者に伝わって欲しいからです。

毎回、文字数の多い記事が更新されるブログも確かにすごいのですが、そういったブログはだんだんチェックするのが億劫になってくることがあります。

実際に、私の友人もこう言っていました。

「毎回すごい記事を挙げてくるブログってあるよね。でも、長文ばかりだと読むのにちょっと気合が必要。」

また、文字数が多い記事は、内容を把握するのに時間が必要になるため、コメントをつけるのも大変です。

短くわかりやすい記事であれば、コメントがつけやすいので、内容さえ良ければすぐにTwitterに流しやすいです。

関連記事

  1. Blog運営

    広告・アフィリエイトで得た収益の使い道をブログのプロフィールに追記しました

    最近、当ブログの広告やアフィリエイトの収益がある程度まとまった額になっ…

  2. Blog運営

    目的を思い返した結果、年間298記事更新の目標をやめることにしました

    2016年の年始に、「今年は298記事更新します!」と宣言しましたが、…

  3. Blog運営

    ゲームは気軽にできるのに、なぜブログは書けないのか?

    一度はじまると40~50分かかるゲームは気軽にできるのに、30分程度で…

  4. Blog運営

    365 1年間毎日更新してみて思ったこと6つ

    日刊はまを始めて、記事をカウントするようになってからやっと365になり…

  5. Blog運営

    フルーツグラノーラにコーヒーをかけてはいけない3つの理由

    牛乳がなかったんですフルーツグラノーラ最強説 - NAVER まと…

  6. Blog運営

    RSSが廃れたら「ぼくはここにいるよ」と言い続ける必要性が高まるのかも

    Googleリーダーの廃止予告と、↓こちらの記事を読んで思った…

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP