Blog運営

ブログ記事の文字数は2000文字以内に収める

あとで読むはだいたいあとで読まない | シゴタノ!

私はブログ1記事あたりの文字数はだいたい1000文字、長くても2000文字にしています。

それは、自分が発信した情報がきちんと読者に伝わって欲しいからです。

毎回、文字数の多い記事が更新されるブログも確かにすごいのですが、そういったブログはだんだんチェックするのが億劫になってくることがあります。

実際に、私の友人もこう言っていました。

「毎回すごい記事を挙げてくるブログってあるよね。でも、長文ばかりだと読むのにちょっと気合が必要。」

また、文字数が多い記事は、内容を把握するのに時間が必要になるため、コメントをつけるのも大変です。

短くわかりやすい記事であれば、コメントがつけやすいので、内容さえ良ければすぐにTwitterに流しやすいです。

関連記事

  1. Blog運営

    堀江さんの「多動力」に学ぶ、時間がなくてもブログ記事を書き上げるコツ

    堀江さんの著書「多動力」を読み始めた。その中で早速、ブ…

  2. Blog運営

    記事にさりげなく画像入りアソシエイトリンクを挿入できる「BabyLink」

    ちょっと応援したい&こういうのを探している人がいるであろうWebサービ…

  3. Blog運営

    情報発信の喜びは「誰かの喜び」にあり

    ブログ記事をたくさんの人に読んでもらえるのもうれしいけど、役に立った…

  4. Blog運営

    ブログ記事は完成させないほうが「らしさ」が残るんじゃないだろうか[364]

    1ヶ月にブログ100記事書いてみて発見したり変わったりしたこと | g…

  5. Blog運営

    感謝!ブログの更新スタイルについてたくさんの方からコメントをいただきました!

    先日書いたこちらの記事に、想像以上にたくさんの方からコメントをいただき…

  6. Blog運営

    書評の書き方について、特にゴールと記事の成功について改めて考えてみた

    普段あまり書評を書かないため、書評記事を書くときはけっこう苦労していま…

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP