考え方

意見が異なる相手に、なぜそう発言したのか?その真意を聞いてみる

何かを決める話し合いをするときって、その人の価値観や考え方のクセがよく出るなーと思う今日このごろ。

昔はなかなか意見が合わない人と話を進めるの苦しかった記憶があったけれど、最近は「相手はどういう視点、価値観、信念から発言しているのか?」を本人に直接聞いて、自分も相手の目線に立ってみると、意見が合わない人と話すことが楽になることに気がついた。

相手が出した意見だけに意識を集中していると、その意見が自分の視点、価値観、信念などと合わないことばかりが気になって、段々と「なぜ相手が自分に合わせてくれないのか?」などを考えるようになってしまう。

そうではなく、相手がそう発言した「真意」が何なのかを自分が理解することが、互いを尊重した話し合いのカギになる。

どちらが正しい、どちらが良い、という視点にとどまらず、相手がその考えに至った経緯や背景も知れば、互いの意見が違っていても、相手の目線でみれは、相手の意見はOKだと言うことが理解できる。

すると、相手を見る自分の目線が代わり、接し方も変わる。自分の接し方が変われば、相手から自分への接し方も変わる。そして話し合いが前向きになる可能性も高くなる。

関連記事

  1. 考え方

    大切な人にあと20回しか会えないとしたら?

    「そういう時代はもう終わったんだよ」きのうの昼食時に上司と話し…

  2. うつ病

    薬物療法で治療できなかった重度の鬱を私が改善できたきっかけ

    この記事の元のタイトルは、「大泣きし、人生が開けた湘南ワークショップの…

  3. 考え方

    家事をゲーム形式で取り組んでみるアイデア

    最近、ライフエンジンのメンバーといっしょに、マジックキャッスルというス…

  4. 考え方

    読書用のソファを買ったつもりでカフェに行く

    最近、パソコン用のハイバックチェアで本を読んでいると、首や腰が段々痛く…

  5. 考え方

    息抜きに含まれていると良い1つの要素

    最近、息抜きをするときに重要な要素があることに気が付きました。…

  6. 考え方

    車の運転、特に走行速度のコンフォート・ゾーンについて

    昔と比べて、車を運転する際の「これでいい」と思える領域が変わってきたこ…

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP