考え方

大切な人にあと20回しか会えないとしたら?

「そういう時代はもう終わったんだよ」

きのうの昼食時に上司と話していたときのことです。私は9月の連休に妻の実家に帰省するつもりであることを話し、上司も連休のときには帰省することがあるのかを尋ねたのでした。

「もう、私の父親しかいないからね。」
「家族で帰省するとか、そういう時代はもう終わったんだよ。」

この上司の言葉を聞いてハッとしました。自分の両親や、祖父母と会える回数はあと何回あるのだろう?

私の実家は今住んでいるところからかなり遠く、年に1回帰省できればいいほうです。年に1回帰省したとしても、両親とはあと20回会えるかどうかといったところです。

20年のうちに子供も大きくなりますし、そうすると家族で帰省する回数としてはもっと少なくなるでしょう。さらに祖父母と会える機会となると、もう数えるほどかもしれません。

そう考えると、大切な人と会える機会についてもっと真剣に考える必要があると感じました。

この連休で妻の実家に帰った際には、そういったことを考えながら過ごしてみようと思います。年末の帰省についても、いつもよりも早めに考えることにしました。

みなさんはあと何回ぐらい大切な人に会えそうですか?

関連記事

  1. 考え方

    車の運転、特に走行速度のコンフォート・ゾーンについて

    昔と比べて、車を運転する際の「これでいい」と思える領域が変わってきたこ…

  2. bitcoin

    【2017年まとめ】会社に行かなくなったらお金や時間への価値観が激変した話

    2017年は自分にとって、お金と時間の価値について考えさせられる1年で…

  3. 考え方

    意見が異なる相手に、なぜそう発言したのか?その真意を聞いてみる

    何かを決める話し合いをするときって、その人の価値観や考え方のクセがよく…

  4. セラピスト

    事実は事実であり、その解釈は各個人の主観に委ねられる

    「ザ・ワーク 人生を変える4つの質問」などの著者で知られるバイロン・ケ…

  5. 考え方

    セブンイレブンの菓子パンからの卒業宣言!

    私は菓子パンが大好きです。毎日、朝ごはんに菓子パンを食べています。…

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP