署名にメールチェックの時刻を明記するのは自分のため

Pocket

メール効率化講座(4)メールチェックの時間を決めておく
メールチェックの時刻をメールの署名にも明記してあります。 …

きのう書いたアシタノレシピの連載記事の中で、メールチェックの時刻をメールの署名に書いていると説明しました。この署名の話について少し詳細に説明します。

1.はま(@Surf_Fish)のメール署名

署名でメールアドレスを表記したすぐ後に、「メールを返信する時刻」を追記しています。8:30のメールチェックは基本的に返信しないので書いていません。

○○株式会社 ○○研究所
○○ はま
〒XXX-XXXX ○○県○○市XX-XX-XX
TEL:XXX-XXX-XXXX FAX:XXX-XXX-XXX
e-mail:XXXXXX@XXXX.XX.XX
※11:50、16:30にメールを見ています。

2.署名にメールチェックの時刻を明記する狙い

他者向けには「私はこの時間以外では基本的に返信できないですよ」とやんわり伝える意味があります。

しかしそれ以上に大切なことは「宣言しているのだからメールチェックの時刻は守らなければならない」という自分への抑制力です。

宣言していた時刻以外でメールの返信をしていたら恥ずかしいですよね。ですから、こうして他者に宣言しておくことで、ついついメールを見たくなる衝動への抑制力が生じるのです。

今日の猫ちゃん


via Foster Fail with Mia Feral the Rescue Tuxedo

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

コメント 停止中