Bufferユーザーなら必須!「Buffer for Chrome」の挙動とTipsを紹介します。

Pocket

今日は「Buffer for Chrome」の挙動と便利な使い方についてご紹介したいと思います。

Chrome ウェブストア – Buffer for Chrome

Bufferって何?って方はこちらの記事をごらんください。

時間指定いらず&解析ができるSNS予約投稿サービスのBufferの始め方

なお、こちらのリンクから登録していただくと、私と登録者の双方に予約投稿数の上限が増えます(無料版は上限10です)。http://bufferapp.com/r/46f36

1.基本の挙動

b0416-5.jpg

↑記事を開いた状態でボタンを押すと、

b0420-3.png

↑記事のタイトル、ブログタイトル、短縮URLが表示されます。(短縮URLはBit.lyも選択可能です。)

2.文章を選択した状態

b0420-2.png

↑文章を選択した状態でボタンを押すと、

b0420-1.png

↑引用文、短縮URLが表示されます。
<

3.基本の挙動に引用文をつけたいとき

Taberarelooのように、「引用文+記事/ブログタイトル+URL」としたいとき、現状はPhraseExpressを組み合わせて使っています。

b0420-4.png

↑事前の準備としては、PhraseExpressに「”{#insertclipboard}”(全角スペース1個)」を「quo;」で呼び出せるように登録しておきます。
b0420-2.png

↑まず引用したい部分をコピーします。

b0420-3.png

↑続いて選択状態を解除し、基本の挙動でBufferの投稿画面を開きます。次に「quo;」を入力すると、

b0420-5.png

↑先ほどの引用文がダブルクオーテーションで囲まれた状態で、かつ全角スペースが1個入った状態で呼び出されます。こうすることで、あまり手間をかけずに見た目の良い「引用ツイート」ができました。

参考記事

無料のスニペットアプリ「PhraseExpress」×「いつものテンプレート」で世界が変わります | 化学系メーカー研究職です

今日の猫ちゃん

p0420.jpg

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中