Evernote

Evernoteのノート移動を楽にする3つの方法

EvernoteにInbox(ノートの一時置き場)を採用している人にとって、ノートの移動は何度も行う作業ですよね。

今日はクライアント版EvernoteとiPhoneでEvernoteのノート移動を楽にする方法を3つ紹介します。

1.テンキー
2.ドラッグ&ドロップ
3.AutoEver

1.テンキーを使う

ノートブックのドロップダウンリストを開いた状態で、スタックとノートブックの先頭の数字をテンキーで押していくだけでノートを移動できます。(クライアント版Evernote)

↑の画像であれば、テンキーを4→5と押すことで、ノートは「4_Blogger」スタックの「5_Archive」ノートブックに移動できます。

2.直接ドラッグ&ドロップする

ノートを1つまたは複数選んだ状態で、移動させたいノートブックに直接ドラッグ&ドロップします。(クライアント版Evernote)

3.AutoEverを使う

予めユーザー側で「この条件に合うノートを○○のノートブックに移動させる」という設定をいくつか作っておき、その設定を実行することでノートを移動してくれるiPhoneアプリです。

友人のだいちゃん(@delaymania)が開発しました。私はAndroid端末なので使用できませんが、とても欲しいアプリです。

起動後ワンタップで Evernote内のノートを自動で移動できる AutoEver が遂にリリース | Punksteady
AutoEver ver1.1.0をリリースしました!全てのプリセットを一括実行などの機能を実装しました | delaymania

こちらの記事もいかがですか?

Evernoteのノート記述で重宝する4つの機能
EvernoteのInbox整理に集中するには「サイズ」でソートする
Evernoteに目次ノートを設置する
【連載4:Evernote-タスク管理】「入り口」を決めて秩序を維持する
【連載15:Evernote-タスク管理】ダブルインボックスシステムの概要

関連記事

  1. Evernote

    Evernote新機能の「アクティビティ」がいい感じだぞ!

    ↑昨日、Evernoteのプレリリース版をインストールしました。「…

  2. Evernote

    [Evernote]ホットキー「新規ノート作成」で思いついたらメモしよう!

    Evernoteには何をしていても1アクションで「新規ノート」を作成で…

  3. Evernote

    【連載16:Evernote-タスク管理】ダブルインボックスシステムの実践

    前回の記事ではダブルインボックスシステムの概要について説明しました。今…

  4. Evernote

    [編集後記]「OZPAの表4」様への寄稿

    いつもお世話になっている@OZPAさんのご好意により、このたび「OZP…

  5. Evernote

    【連載3:Evernote-タスク管理】基本のノートブック構成と運用方法

    【連載2:Evernote-タスク管理】Evernoteでタスク管理を…

  6. Evernote

    【連載15:Evernote-タスク管理】ダブルインボックスシステムの概要

    ダブルインボックスシステムとは、Inboxを2つ用意しておき、…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




セラピスト。32歳からの人生の生き直し1年生。一児の父、化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

セラピストとして多くの人達の人生のサポーターをしています。モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyerbitbankcoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私も購読中の1分で読める仮想通貨速報(LINE@) CoinPicks
こちらの画像からLINE@の登録リンクに飛べます。

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP