Evernoteのノート移動を楽にする3つの方法

Pocket

EvernoteにInbox(ノートの一時置き場)を採用している人にとって、ノートの移動は何度も行う作業ですよね。

今日はクライアント版EvernoteとiPhoneでEvernoteのノート移動を楽にする方法を3つ紹介します。

1.テンキー
2.ドラッグ&ドロップ
3.AutoEver

1.テンキーを使う

ノートブックのドロップダウンリストを開いた状態で、スタックとノートブックの先頭の数字をテンキーで押していくだけでノートを移動できます。(クライアント版Evernote)

↑の画像であれば、テンキーを4→5と押すことで、ノートは「4_Blogger」スタックの「5_Archive」ノートブックに移動できます。

2.直接ドラッグ&ドロップする

ノートを1つまたは複数選んだ状態で、移動させたいノートブックに直接ドラッグ&ドロップします。(クライアント版Evernote)

3.AutoEverを使う

予めユーザー側で「この条件に合うノートを○○のノートブックに移動させる」という設定をいくつか作っておき、その設定を実行することでノートを移動してくれるiPhoneアプリです。

友人のだいちゃん(@delaymania)が開発しました。私はAndroid端末なので使用できませんが、とても欲しいアプリです。

起動後ワンタップで Evernote内のノートを自動で移動できる AutoEver が遂にリリース | Punksteady
AutoEver ver1.1.0をリリースしました!全てのプリセットを一括実行などの機能を実装しました | delaymania

こちらの記事もいかがですか?

Evernoteのノート記述で重宝する4つの機能
EvernoteのInbox整理に集中するには「サイズ」でソートする
Evernoteに目次ノートを設置する
【連載4:Evernote-タスク管理】「入り口」を決めて秩序を維持する
【連載15:Evernote-タスク管理】ダブルインボックスシステムの概要

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中