ライフハック

メール・メッセージのやりとりの頻度を増やす方法

保科さんの電子書籍「「忙しい」が口ぐせのあなたにワーキングマザーが教える自分の時間が増える36の時間管理術 」に「時差を利用する」という話があります。(第3章「時間を作り出すコツ」の第4節「時差を利用する」)

保科さんは早寝早起きタイプですから、仕事のお相手が普通の生活リズムの場合、相手:23時メール→保科さん:5時メール→相手:9時メール→日中やりとり→保科さん:寝る前のメール→繰り返し、といった感じになります。

やりとりがスピーディーになって気持ちがよい

お互いが同じ生活リズムの場合と比べて、時差を利用してメールのやりとりの頻度を増やすことができるので仕事が進みやすいというお話です。このメリットを私も最近感じております。

早寝早起きあるいは遅寝遅起きタイプの方は、相手へのメールや伝言などを夜寝る前に送り、起きたらその返答をチェックしてすぐ返信というやり方を試してみてはいかがでしょうか?

普通の生活リズムの方も、やりとりのお相手がメールを返信してくれる時間帯などを意識すれば似たようなことができそうですね。

こちらの記事もいかがですか?

朝活を始めたい人へ!4時起きを定着させる12のコツ

参考書籍

今日の猫ちゃん


via Happy Reunion For Stray Cat Mama & New Born Kittens

関連記事

  1. ライフハック

    やる気をあたためて仕事につなげる休憩の仕方

    Wordで落書きして休んでください。Wordでかくという潜在記憶を活性…

  2. ライフハック

    自由になりたいやつはまず家事を覚えろ

    自由にって何?っていう定義はひとまず置いといて、もっと日々を心地よく生…

  3. ライフハック

    土日に休むためにメンテナンス的ルーチンの見直しをしてみた

    以前、休みを残務処理に当ててはいけないという記事を書きました。今日はそ…

  4. ライフハック

    [Lifehack]なぜやる気がでないのかを自分に問い続ける

    ひたすら自分に問う私は何となくやる気がでないとき「なぜやる気がでない…

  5. ライフハック

    327 伝えるために伝えることを減らす

    伝えたい事は、たった1つに絞って話す。 | TRAVELINGいとー…

  6. イベントレポート

    テーマは「習慣力」!静岡ライフハック研究会Vol.1のまとめ(その1)

    参加者、スケジュールなどはこちら178静ラ研Vol.1に参…

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP