ライフオーガナイズ実践録「1.目指すゴールイメージを見つける」前編

Pocket

こちらの本を読みつつ、ライフオーガナイズを勉強中です。これからライフオーガナイズ実践の章に突入していきます。

自分の暮らしのゴールを見つけるための6つの質問

「思考の整理1 目指すゴールイメージを見つけよう」ではまず、以下の6つの項目についてのチェックし、書き出すことが勧められています。

1.家族構成・年齢(ペットも含む)
2.一戸建て or マンション、築年数、間取り
3.片付けたい部屋の位置と広さ
4.具体的にどんなことに困っている?
5.いつからその状態?何が原因?
6.その部屋が具体的にどんな状態になったらいい?

このときに重要なのは、現状がどうなっているのか?その部屋をどうしたいと思っているのかを具体的にイメージすることだそうです。

タスク管理においても、現状の把握と目的・目標の確認は重要な作業ですから、とても共感がもてる部分です。

書くことで自分が本当に望む状態がわかる

現状と理想を具体的に書き出すことで、その間に存在するギャップが明確になってきます。

このギャップを埋めていくのがオーガナイズとのこと。

理想の部屋を具体的にイメージしにくい場合、正反対の意味を持つ言葉のペアに対し、好きな方を選んでいくことでヒントを見つける手法もあるそうです。

例えば、
・シンプルとデコラティブ
・クールとウォーミィ
・四角と丸
・シャープとソフト
・木とスチール
・自然と人工的
・明るいと暗い
など、正反対の意味を持つふたつの言葉を組み合わせて、どちらが好きか選んでいきます。
via 片づけたいけど 「片づけられない」がなくなる本

こうして自分が好きな部屋のテイストを整理しておけば、今後モノやインテリアを購入する際の指針にもなりますね。

これらの設問に対しての私の回答は次回の記事に書きます!

関連記事

ライフオーガナイズに関する勉強を始めました[日刊]
ライフオーガナイズ実践録「1.目指すゴールイメージを見つける」後編

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中