タスク管理ツールにリピートタスクを登録するかどうかの明確な基準

Pocket

7/28にTaskChuteユーザーミーティングに参加してきました。その際に聞いたけーじさん(@keiji_kk)の発表が良かったので、内容をシェアします。

けーじさんが話したのは2点。

・TaskChuteにリピートタスクを登録するかどうかの明確な基準
・仮想デスクトップソフトを使って、作業に集中できる環境を整える。

リピートタスクに登録するかどうかの基準


photo credit: hans s via photo pin cc

リピートタスクを登録するかどうかの基準、それは「タスクの実行と完了」に必要な「ツールの操作が面倒かどうか」です。

わざわざツールを操作しているのですから、「リピートタスクを忘れないことによる利益」が「ツールの操作の面倒くささ」を上回っていないといけません。実に明快な基準です。

TaskChuteの場合、Ctrl+TとCtrl+;の2つのショートカットを押すだけで「タスクの実行と完了」が済みます。

例として、はま(@Surf_Fish)は爪切りをTaskChuteに登録しています。

これは「2つのショートカットを押す手間」より「爪切りを忘れないこと」の方が重要だからです。

2.仮想デスクトップで集中できる環境を整える


photo credit: markuz via photo pin cc

仮想デスクトップソフトを使って「作業用デスクトップ」を作り出すことで、作業に集中しやすい環境を作り出すという内容です。

具体的には、仮想デスクトップを使うことで「タスクバーが非常にすっきりする」のです。

つまり、作業用デスクトップは完全に作業用のアプリケーションのみとし、TaskChuteのファイル(Excel)すら視界から消します。

複数の作業を並行している際は、確かにタスクバーのごちゃごちゃ感が気になってきます。それを解消できる方法としておもしろいなと思いました。

TaskChuteユーザーミーティングの感想

TaskChuteを深く使い込んでいる人はこんなにも居たのか!というのが素直な感想です。セミナー、懇親会のいずれでも参加者から深い話を聞くことができました。

インターネット上で情報を発信している人の数だけで、ユーザー数を推測してはいけないということですね~

当日のまとめ

http://www.evernote.com/shard/s24/sh/d639058c-cf78-4767-adc5-e8c257ea364f/f20f6ecdcedfffcee331c6fc2813f1ac
↑はま(@Surf_Fish)がEvernoteにまとめたメモ書きです。

TaskChuteユーザーミーティングの実況(2012年7月28日) – Togetter

なお、当日は私も「TaskChuteエバンジェリストの24時間のTaskChuteの使い方」のような内容で講演をさせていただきました。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中