相談を受けたときに「なぜ?」を聞いてはいけない

Pocket

1/21に行われた静岡ライフハック研究会Vol.3において、心理カウンセラーのハラコヤスフミ氏による「人を動かす質問力」の講演がありました。

その講演の中で私がグッときた内容について1つシェアします。

harakoyasufumi.jpg

カウンセラーの方々は、相談された内容に対して、5W2Hを基本として依頼者に質問し、問題解決の手助けをするらしいのですが、その際に1つ気をつけていることがあるそうです。それは「なぜ?(Why)」を聞かないこと。

これがどういうことなのかを説明する前に、いわゆる5W2Hをおさらいしましょう。

5W2Hとは

5W
・What(何が)
・Who(誰が)
・Where(どこで)
・When(いつ)
・Why(なぜ)

2H
・How(どのように)
・How(どのぐらい)

なぜ?に対しての回答は大変

「なぜ?(Why)」を聞いてはいけない理由。それは「なぜ~なのですか?」という質問は、他の4W2Hと比較して回答するための答えが大きすぎる(広がりすぎる)からです。

何が?誰が?どこで?いつ?どうやって?どのぐらい?これらに対する質問は、少し記憶をたどればすぐに答えられますが、「なぜ?」を即答できる人は少ないはずです。

特に、悩んでいる人に対しては「なぜ?」を考えることは心理的なストレスが大きく、「それがわからないから相談しているのに!」といったことにもなりえるようです。

この話から私たちが学ぶこと

友人や家族から相談事を受けたことがない人はいないと思います。そして、これからも私たちは相談を受けるでしょう。

そんなとき、相談を持ちかけられたら「なぜ?」を質問しないことを覚えておけば、相談してくれた相手のスムーズな悩み解決に役立つかもしれません。

相談を受けたら、できるだけ力になってあげたいですよね。そんなときに私たちがするべきなのは「アドバイス」よりも「相手がなるべくストレスを感じずに悩みを分析できるような手伝い」なのです。

私は今後、この学びを実践していきたいと思います!

今日の猫ちゃん


via addelburgh

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中