[TaskChute]タスクシューターの成長モデルを5段階で表してみた

Pocket

TaskChuteを使う人はどのように成長していくのか?について個人的に考えてみました。その結果を5段階にまとめたものがこれです。私が勝手に考えた成長モデルですので、そのへんはご注意ください。

TaskChute初心者(チャレンジの時期)

・ここからスタートです。

TaskChute初級者(TaskChuteが習慣になってくる時期)

・自分の意思でやろうと思った作業については、時間記録をきちんととれている。
・時間記録をつけることによる良い効果を実感している。

TaskChute中級者(TaskChuteが楽しくなってくる時期)

・自分の作業記録を元に、明日のタスクをだいたい見積もることができる。
・ほぼ毎日行うようなリピートタスクをTaskChuteの中に組み込めている。

TaskChute上級者(TaskChuteが生活の一部となっている時期)

・割り込みタスクへの対応から復帰を簡単に行うことができる。
・主要なショートカットは使っている。
・リピートタスクによって1週間先までのだいたいの見通しがついている。
・TaskChuteに自分なりの工夫を組み込んでいる。

TaskChuteの達人(TaskChuteの伝道師)

・TaskChuteとタスクシュートの違いを説明できる。
・タスクシュート方式の概念を説明できる。
・タスクシュート方式の欠点を説明できる。
・タスクシュート方式の欠点を補うツールを併用している。

大橋さん、佐々木さんにも意見を聞いてみたいところです。

今日の猫ちゃん

p0212.jpg

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中