Blog運営

SEO対策にdescriptionをきちんと設定すべき?

パンダアップデートとか最近流行りの「検索流入が無くなった!」とか関係なしに、ただ検索流入が低すぎて泣きそうになっているはま(@Surf_Fish)です。

少し調べた結果、ブログ記事にきちんとdescriptionを設定していないことが原因の1つではないかと思い始めました。

うそ…私の検索トラフィック…低すぎ…?

まずはこれを見てください。

当ブログの直近1ヶ月の流入元の概要です。検索トラフィック…かなり低くないですか?

ちなみにGoogleのパンダアップデートやペンギンアップデート前後でこの状況は変わっていません。記事も全てGoogleにインデックスされてます。

みんなの検索トラフィックはどのぐらい?


frasmのシンタロヲさんは5~7割ぐらいらしいです。frasmはまラボのこの差は、扱っているコンテンツが全く違うからなのかなーとはじめは思っていました。

しかし、たぶんコンテンツが似ている@jMatsuzakiにも検索トラフィックについて聞いてみたところ、7割ぐらいはあるみたいです。

なぜこんなに検索トラフィックが少ないのだろう?

・6月にドメインを取得したばかりだから?
・FC2の旧ブログが残っているから?(metaにnoindexは設定済み)
・有益な記事を書けていない?
…わからなくなってきたのでとりあえず「Googleウェブマスターツール」を見てみました。

descriptionがあかんのか…!?

「重複するメタデータ」「短いメタデータ」はいずれもmetaのdescriptionが空欄となっていることが原因のようです。

タイトルタグの重複は、「Ktai Style」などのプラグインの影響で同じタイトルのページが複数生成されてしまっていることが原因みたいです。

とりあえず過去記事にdescriptionを書こうと思います

「All in One SEO」を使い、過去記事にdescriptionを1つずつ書き込んでいくことでひとまず様子を見てみようと思います。

タイトルタグの重複対策には、「Ktai Style」を削除し、「All in One SEO」でヘッダーにrel=”canonical”を設定して様子を見ることにしました。

まとめ&お願い

SNSでシェアされる場合、descriptionの内容がツイートやコメントに表示されることも多いです。

ですから、SEO抜きにしてもdescriptionはきちんと書いたほうが良さそうに思います。

また、この検索流入が異様に低いという現象に対して何かお分かりになる方がいらっしゃったら、ぜひ@Surf_Fishまでコメントをいただきたいです…。お願いします!

今日の猫ちゃん


via Shishi-Maru the Painfully Cute Kitty, Interweb’s Newest Star

ブログに張られたリンクを通知してくれるtrackfeedがやばい前のページ

ブロガーにおすすめのChrome拡張機能「文字数カウンタ」次のページ

関連記事

  1. Blog運営

    Twitterやブログのプロフィールは定期的に更新する

    私は自分のWeb上のプロフィールを1ヶ月に1度見直すようにしています。…

  2. Blog運営

    反響があった記事を分析する方法についてまとめてみた

    予想外の反響があったブログ記事ほど分析すべき理由前回こういう記…

  3. Blog企画

    『ブログをつづけるコツ』-15の質問に答えました #blogcontinue

    1 ブログのテーマ「あなたの暮らし・仕事を少し楽にするための研究」…

  4. Blog運営

    ブログ記事の文字数は2000文字以内に収める

    あとで読むはだいたいあとで読まない | シゴタノ!私はブログ1…

  5. Blog運営

    読者が「今」読めるブログ記事を書こう

    私がブログ記事を書く際に大切にしていることの1つとして、「今読める記事…

  6. Blog運営

    334 ブログにおける基本にして最高の戦術

    ブログにおける最高の戦術は生き残った者によって伝わっていく*ホームペー…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

SPONSORED LINK




はま




会社員/心理セラピスト&ライフコーチ/文筆家/ゲーマー

詳細なプロフィール・連絡先はこちらTaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP