手軽においしくアイスコーヒーを飲むための3つのコツ

Pocket

暑くなってきましたね。今日は私が行なっている手軽においしくアイスコーヒーを飲むコツについて紹介したいと思います。

この方法なら、無駄な酸味のないおいしいアイスコーヒーが簡単に出来上がります。

1.真空タンブラーを使う。


真空タンブラーを使う理由は主に2つあります。それは「保冷性」と「結露しない」という点です。

私はサーモスタンブラーを使ってアイスコーヒーを作っていますが、2,3時間は氷が溶けずに残っています。

コーヒーを作った直後に誰かに呼び出されたとしても、ぬるいコーヒーを飲むようなことにはならないのがうれしいですね。

また、断熱性が優れているためタンブラーの表面が結露しません。これは地味ですがとても便利です。

飲み物の結露で手が濡れたり、机が濡れたりすると、大切なプリントや資料などを濡らしてしまう可能性がありますが、そういった心配から開放されます。

サーモスタンブラーのすごさをもっと知りたい人は@kankichiさんのこちらの記事をご覧ください。
猛暑×節電対策 サーモスタンブラーで、キンキンに冷えたビール飲むぜ!【父の日にオススメ】

2.濃い目に作って氷で急冷する。

「手軽に」なので、インスタントコーヒーを使う前提で話を進めます。

まずサーモスタンブラーの底が隠れる程度にインスタントコーヒーをいれます。お好みで加減してください。

次にサーモスタンブラーの1/3~半分手前ぐらいまでお湯を注ぎ、軽くゆすってコーヒーを溶かします(ホットの半分ぐらいのお湯にします)。

すぐに氷を投入し、コーヒーの酸化を防ぐと共に味の濃さを調整します。氷の量は入れたお湯と同じぐらいか、少し多いぐらいがよいです。

これだけでおいしいアイスコーヒーの出来上がりです。

3.定期的に重曹で清掃する。

コーヒーのおいしさは鮮度で語られることが多いですが、実はコーヒーを入れる容器がコーヒーをまずくしていることも多いです。

タンブラーやコーヒーポットなどにお湯だけ入れてみて、コーヒーの匂いがするようなら洗浄した方が良いです。

洗浄には重曹を使います。大さじ1杯またはペットボトルのキャップ2杯の重曹を容器(1リットル以下)に入れ、熱湯をたっぷり注ぎます。

30分程度そのまま放置しておき、最後に水で洗えばOKです。

手軽においしく飲むためのまとめ

(1)真空タンブラーを使う。
(2)氷で急冷&味の濃さを調整する。
(3)コーヒー渋のない容器を使う。

本当においしいアイスコーヒーが出来上がるので、アイスコーヒーは酸味が苦手…という方にもぜひ試していただきたいです!

今日の猫ちゃん


via Furry Ring Bearer

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中