ブロガー

337 スターをつけた記事(あとで読む)の消化は未読チェックより優先すべきという仮説

335 「緊急じゃないけど重要な仕事」ほど朝一番にやるべきです | 化学系メーカー研究職です
この話の根本的な考えは「重要なものから手をつける」ということです。
重要なものから手をつけるという法則に従うと、RSSチェックは必然とスター(後で読む)記事から読むことになるのではないか?という仮説について最近考えています。
はまの「スター(☆)」の使い方
RSSチェックにはGoogleリーダーを使っています。私が☆を使うのは、出先でRSSをチェックしていて「今この記事の内容を自分の中で消化するのは難しいな」と思ったときです。
私の場合、「RSSフィードを一気にチェックして、興味のあるものに☆をつけて後で読み返す」ような使い方はほとんどしていません。
チェックしていて気になった記事はそのときに読み、必要に応じてシェアしたりタスクを追加するスタイルをとっています。
スターをつけた記事を読み返せない
最近はRSSチェックの時間をだいぶ減らしているので、RSSのチェックはするものの、スターをつけた記事をあまり消化できていません。
しかし、重要性を優先して考えることをRSSチェックにも応用したとしたなら、「未読の記事があってもまずスター記事を先に読みきるべきではないだろうか」と考えるようになりました。
何のためにRSSをチェックをするのか?
それは自分にとって関心の高い(重要な)情報を得るためです。
ということは、記事に☆をつける作業で時間を費やすより、☆をつけた記事をきちんと消化するほうが良いに決まっています。
しかもブログ記事の重要性は時間によって変化する
ですから、チェックしたそのときに重要であっても、後で読もうとしたらゴミだったりするんです。つまり、
・先に☆だけつけて後で読もう→出会った☆記事全てがゴミになる可能性あり。
・☆をつけた記事を優先して読む→チェックが遅れた記事はゴミになるかもしれないが、出会った記事の全てはゴミにはならない
ってことじゃないかと思っています。
ということで、今後はRSSリーダーを開いたら、まずは☆記事を消化してからRSSチェックをはじめることにしようと思っています。
未読チェックの頻度は下がってしまいますが、そもそもタイトルを見て「読まない」と判断した記事は「すべて既読にする」ボタンで処理されるわけです。そういう意味では未読チェックが効率化されるのではないか?とも期待しています。
今日の猫ちゃん
p0204.jpg

関連記事

  1. ブロガー

    情報を発信する喜び-日刊288

    【ぼくらのタイムマネジメントストーリー】第1話 朝時間を活用しよう!こ…

  2. ブロガー

    何かと不具合の多かったうちのMEDIASは新品と交換になりました

    MEDIASに挿入していたPanasonicのSDカードが完全に死ん…

  3. ブロガー

    はまの活動の裏側を話します。11月11日(日)の第3回つなカンにて!

    11月11日 第三回つながるカンファレンス(東京都)私が参加し…

  4. ブロガー

    人生で初めて講演をさせていただいてわかったこと

    きのうはアシタノレシピの初めてのオフラインイベントとなる第1回アシタ…

  5. ブロガー

    [写真レポ]開通2日目の新東名と駿河湾沼津SAに行ってきました!

    【地図】新東名の駿河湾沼津SAに一般道から行く方法 | 化学系メーカー…

SPONSORED LINK




はま中しょうご




心の援助者。32歳からの人生の生き直し1年生。一児の父、化学研究者、ビジネス書作家、セミナー講師、聴覚障害者、抑うつ性神経症患者でもある。

心の援助者として「今」から人生を生き直したい人のサポートをしている。モットーは「現実はいつも甘くて美しい」。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。仕事に悩める会社員へ。


Amazonのほしい物リストを公開中です。

贈り主にはまが毎日感謝するリスト

ブログで紹介したもの など


仮想通貨口座はbitflyercoincheckを主に使用中。 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓私が毎日使っているタスク管理ツールです。 TaskChute
高機能の有料版と、体験用の無料版があります。

↓私も参加している有料オンラインサロンです。 LifeEngine
諦めきれない夢を追う同志が集い、日々語らっています。毎月講師を読んでのオンライン学習や、月末のオフライン定例会、不定期で合宿なども行っています。参加者の自発イベントでの交流も活発です。メンバー約60名。
PAGE TOP