改めてなぜTaskChuteに挫折するのかを考えてみた

Pocket

PDCAは失敗を重ねるのに対し、タスクシュートは成功を重ねる。 | 化学系メーカー研究職です

この記事でPDCAとタスクシュートを比較してみました。しかし、実はこれTaskChuteの使い方に通じる話なんですね。
1.予定から始めるTaskChute(PDCA的)
始めから予定を立ててから使うTaskChuteの使い方はまさにPDCA的です。
しかし、始めから理想の1日を予定としてしまうと思い通りにいかないのです。使いこなせないとかそういうのとは違う理由でつまづいているのです。
以前もTaskChuteになぜ挫折するのか?といった内容の記事を書きましたが、改めて考えるとはじめから理想の1日を追求しすぎた結果、失敗を重ねるからTaskChuteがつまらなくなってしまうのだと思います。
今より改善して良い気分になりたいのに、失敗を重ねてモヤモヤしてしまうようじゃ楽しくないわけですよね。
「TaskChuteに挫折する4つのパターン」を考えてみた | 化学系メーカー研究職です

2.記録から始めるTaskChute(LCA的)
記録から始めれば無理のないところからスタートです。ここから少しずつ改善を重ねていけば良いのです。
また、記録から始めることは「時間簿をつける利点がわかる」「TaskChuteの操作に慣れる」ということに集中できますので、使いはじめの人にとって成功体験を重ねやすいやり方だと思います。
はま(@Surf_fish)の場合も記録から始まっています。私はA4のノートを使って手書きTaskChuteをやっていました。そして始まりは作業時間の記録でした。
344 TaskChute初心者の方にはまず「記録のみ」をおすすめします | 化学系メーカー研究職です

3.TaskChuteは魔法ではなくパートナー
TaskChuteは自分を一気に変えてくれるような魔法の道具ではありません。あなたと寄り添うパートナーなのです。
あなたの時間の使い方を分単位で教え、終了時間を教え、あなたが次にやるべきことを教えてくれる相方です。
パートナーに理想像を押し付け、「こんなはずじゃなかった!」とネガティブな感情になるのではなく、「ここから二人で積みあげていこう!」ぐらいの気持ちで楽に使うぐらいがちょうどいいのです。
4.まとめ
・TaskChuteに理想を求めて失敗を重ねるから挫折する。
・TaskChuteと共に現状から成功を重ねるから楽しい。
参考記事
TaskChuteの(repeats)を活用した作業記録の取り方 | 化学系メーカー研究職です

TaskChute初心者のための参考記事まとめ – NAVER まとめ

今日の猫ちゃん
p0425.jpg

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中