嫌な出来事で気分がモヤモヤしているときの穏やかな対処法

Pocket

失敗したり、誰かと喧嘩になったときなど、その後「なんとなく嫌な気分」を引きずってしまうことってありますよね。

今回はそんなときに効果的な対処法を紹介しようと思います。

1.モヤモヤを書きだす

まず頭の中でモヤモヤしていることを思いつくままに書き出します

きちんとした書き言葉にせず、話し言葉の文章でOKです(ひとりごとを言うような感じ)。

・何が気に入らない?(主観で答えて良い)
・気になる事実は?

上記の設問などを参考にしてみてください。

2.悪かった点、良かった点を書きだす

ある程度モヤモヤを書き出せたと思ったら、次はそれらを見ながら

・悪かったと思える点
・良かったと思える点

を書き出していきます。ここまで書きだせば、頭の中を整理でき、気分も落ち着いているでしょう。

ポイントは、良かったと思える点を最後に書き出し、自分を認めてあげることです。

対戦ゲームで負けたときによくやります

私はこの対処法を、対戦ゲームで負けて気分が悪いときによくやります。

気分がすっきりするだけでなく、敗因をきちんと分析して、次に繋げることもできて良いのです。

ゲームのように何度もチャレンジできることだと、「もう一回だ!!」とがむしゃらにトライすることもできます。

しかしそれでは、泥沼にハマって時間と気力を浪費してしまう可能性もあるので、こういった対処法を用いることで自己管理をしています。

関連記事

心を楽にするおまじない:その嫌な事を1ヶ月後も覚えていますか?
「すべての行動は正しい」と考えると、人は少し優しくなれる
「頭の中の言葉を書き出す時間」を持つ3つの利点

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中