汚れ落としの化学

洗濯物の臭い落としには「温水+酸素系漂白剤」が効きます

酸素系漂白剤を使って洗濯物の匂いをがっつり落としたいなら、40~50℃ぐらいの温水を使いましょう。

これにより酸素系漂白剤(と洗剤)の化学反応の速度が、冷水を使う場合と比べて4~8倍ぐらいになるので、洗濯物の臭いと汚れがすっきり落とせます。

温度 – 多くの反応は、より高い温度で行えば、系により多くのエネルギーが与えられるために速度が増加する。一般に、反応温度が 10 ℃ 上がれば反応速度は約2倍になる、というのが目安とされる。
via 化学反応 – Wikipedia

冬場は水道水の温度が他の季節よりも低いですよね。ですから、冬場こそおすすめの方法です。

私はこの方法を使って、仕事の作業着などを週末に洗濯するのですが、冷水では落ちない臭いがすっきりとれています。

柔軟剤の香りを楽しみたい人にもおすすめです。洗濯物に臭いがついていると、良い感じに香らないばかりか、合わさって悪臭となってしまう場合もありますよね。

温水を使った洗濯の具体例

・洗濯機に接続されている水道栓を閉じる。
・通常通り洗濯機をスタートさせる。(当然、水は出ない)
・洗面台のシャワーなどを使って、温水を洗濯槽に貯める。
・洗濯機が動き出したら、温水を貯めるのをやめて洗剤などを投入する。
・洗濯機に接続されている水道栓を開く。(水が足りなければ追加で給水される)

最初の洗浄部分が温水になり、すすぎ以降は通常通りの水道水という洗濯の流れになります。

本当によく効くので一度お試しください!

もしこれで落ちない臭いならこちらもお試しください。
なかなか臭いがとれない洗濯物にはクエン酸洗濯がおすすめです

私が使っている洗剤はこちら

↑消臭効果は液体タイプよりも粉末タイプの方が強力です。しかし、冷水では溶けにくいので、温水必須です。

こちらの記事もいかがですか?

油汚れがひどいフライパン洗いに「熱湯でさっと流し」が効く理由
ほったらかしでOK!重曹と熱湯で簡単コーヒーカップ洗浄

関連記事

  1. ライフオーガナイズ

    家が散らからず、しかも少しずつ片付いていく2つの簡単な仕組み

    家が散らかってるけど、なかなか片付けられないという人向けの記事です。…

  2. モノログ

    カフェインレスコーヒーの作り方を化学者視点で解説してみたよ!

    最近、カフェインレス(デカフェ)コーヒーに興味を持ったので、その作り方…

  3. 生活の知恵

    確定申告のとき、支払調書の(内)ってどうしたらいいの?

    私はサラリーマンではありますが、今年は原稿料の関係で初めての確定申告を…

  4. 生活の知恵

    オートロックのマンションなら玄関にマグネットフックおすすめですよ

    我が家ではこんな感じでフックを設置しています。そしてフックには…

  5. 生活の知恵

    ゴミをすぐ捨てられない人を捨てる人に変えるにはどうしたらいい?

    ゴミをすぐに捨てられない人が身近にいて困っています。お菓子の袋…

  6. 生活の知恵

    枕やクッションが思ったより固いときはカバーを見直すといいかも

    柔らかい枕やクッションが好きです。特にマイクロビーズが入った枕…

SPONSORED LINK




はま




会社員/心理セラピスト&ライフコーチ/文筆家/ゲーマー

詳細なプロフィール・連絡先はこちらTaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP