TaskChute

TaskChuteがフリーズしたときに作業記録を保存する方法

何らかの理由でTaskChuteがフリーズしたときってあせりますよね。

こまめに保存をしていれば良いのですが、そうでなかったときに作業記録を保存する方法について紹介します。

1.作業記録のテキスト出力をONにしておく

TaskChute2のみの機能となりますが、「ジャーナルファイルの自動出力」をONにしておくと、タスク完了時にその内容をテキストファイルに追記していってくれます。

テキストファイルは月単位で自動で生成され、TaskChuteの実行フォルダの中に保存されます。

2.スクリーンキャプチャーをとる

フリーズしているTaskChuteの画面をスクリーンキャプチャーで撮影するのも手です。こちらはTaskChute1でも使えますね。

私は「FastStone Capture」というソフトウェアを使用していますが、Evernoteのスクリーンショットのショートカット「Win + PrintScreen(Win版)」という手もありです。

その他にも、単に「PrtSc」で画面全体を撮影してから画像編集ソフトにスクリーンショットを貼り付ける方法や、Windows7付属の「Snippinng Tool(アクセサリフォルダに有り)」を使うのもいいと思います。

TaskChuteを再起動したら、キャプチャーした画像を見て作業記録を入力しなおしましょう。

関連記事

  1. TaskChute

    TaskChuteで昨日の作業記録(ログ)を見るにはCtrl+↓を押す

    TaskChuteを使っていて、「昨日の作業記録(ログ)が見たい」と思…

  2. TaskChute

    TaskChuteの高速操作についてかなり詳しく説明してみた

    TaskChuteはとても便利なツールですが、慣れないうちは操作に時間…

  3. TaskChute

    改めてなぜTaskChuteに挫折するのかを考えてみた

    PDCAは失敗を重ねるのに対し、タスクシュートは成功を重ねる。 | 化…

  4. TaskChute

    351 TaskChuteがタスク管理の入門用ツールになれる可能性について

    昨年、「TaskChuteはタスク管理の入門用ツールとしての可能性が高…

  5. TaskChute

    265「TaskChute愛」

    私、Twitter検索結果のフィードをRSSでよく読むんですが、最近…

  6. TaskChute

    PDCAは失敗を重ねるのに対し、タスクシュートは成功を重ねる。

    PDCAサイクルとタスクシュート方式は似て非なるものです。そのことにつ…

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP