ライフオーガナイズ実践録「2.自分の行動パターンから傾向と対策を知る」

Pocket

片づけたいけど 「片づけられない」がなくなる本を読みながら実践を勧めています。

前回の記事では、私が目指すゴールイメージを固めました。

はまの片付けのゴールイメージ
・快適な動線が維持されている状態。
・定位置が無いモノが床に置かれていない状態。

ここですぐに実際の行動にとりかかりたいところですが、その前に「自分の行動パターンから傾向と対策を知る」ステップに入りました。

このステップの目的は、日頃の行動をチェックして、「片付かない原因」を探ることです。

6つの行動パターン例

1.思い出大好き系

もったいない、いつかつかうかもが口癖。モノの処分が苦手。

2.「とりあえず」大好き系

とりあえず…が口癖。ソファや椅子に服をかける。カギやバッグは適当に置きっぱなし。

3.なんちゃってきれい好き系

見た目はきれいにしようとするが、引き出しや収納の中がごちゃごちゃしている。

4.お得が大好き系

お買い得品や非売品に弱い。衝動買いも多く、とにかくモノが増える。

5.楽ちん大好き系

おしゃれな部屋へのあこがれはあるが、片付けが面倒なのでやらない。片付けを意識すらしない場合も。

6.散らかし放題大好き系

1~5の原因が複数当てはまっていて、どうしていいか途方に暮れているパターン。

それぞれの行動パターンに当てはまるかどうかのチェックリストについては割愛します。

はまの結果

実は、私はどれも当てはまりませんでした…

どれも当てはまらない場合は「暮らし上手、片付け名人系」という診断になってしまうのですが、結果に戸惑っています。

しいて言えば、「3.なんちゃってきれい好き系」の傾向はややあると思います。

暮らし上手、片付け名人系が気をつけるべきポイントとして挙げられている「片付けが目的となり、片付け過ぎて疲れる、片付かないと落ち着かない」などは当てはまっているように感じました。

次のステップは「3.脳のタイプから自分に合ったやり方を知ろう」です。

ライフオーガナイズって何?という方はこちら

部屋も人生も整理したい人におくるライフオーガナイズ入門講座のまとめ

こちらの本も写真と図解がすごく良いです。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今後も定期購読していただけるなら、
RSSはこちら!
はまラボのFacebookページに「いいね!」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント 停止中