TaskChute

[TaskChute]ルーチンタスクの一部を一気に書き換える方法

主に「ルーチンタスク毎日化」で1週間分作成したタスクの修正に利用します。

3ステップで実行可能です。Excel2007以上であれば簡単に行うことができます。

1.フィルター機能でタスクを絞り込む
2.ドラッグで範囲指定
3.[Ctrl]+[H]で置換を行う

1.フィルター機能でタスクを絞り込む

↑まずは「作業内容」をフィルター機能で絞り込みます。画像では「Facebook」で検索しています。

2.ドラッグで範囲指定

↑書き換えたいセルをドラッグで選択します。

3.[Ctrl]+[H]で置換を行う

↑[Ctrl]+[H]で置換コマンドを呼び出し、書き換え前のワードと書き換え後のワードを入力します。

↑「すべて置換」で一気に書き換えます。

まとめ

このように3ステップで簡単に1週間分のルーチンタスクの修正を行うことができました!

ルーチンタスク毎日化コマンドで1週間分のタスクを作っておくと、未来の時間の見積が大変やりやすくなります。

細かい修正を恐れて(1days)のみの運用をされていた方は、この機会にぜひルーチンタスク毎日化コマンドを使ってみてください!

こちらの記事もいかがですか?

TaskChuteで昨日の作業記録(ログ)を見るにはCtrl+↓を押す
[TC2]「Ctrl+T」→「Ctrl+:」より速く割り込みタスクを記録する隠しコマンド
TaskChute2_0727Ver移行時のメモ&便利な設定紹介
TaskChuteのルーチン見直し・修正の際にはExcelのフィルター機能がとても便利です。

関連記事

  1. TaskChute

    269「見えないルーチンを明らかにする」

    休みの日にどのぐらい娘の相手をしているのかを過去の実績から集計してみ…

  2. TaskChute

    改めてなぜTaskChuteに挫折するのかを考えてみた

    PDCAは失敗を重ねるのに対し、タスクシュートは成功を重ねる。 | 化…

  3. TaskChute

    [緩い企画]TaskChute2のショートカット設定を晒してみる

    TaskChute2では、これまでアドインのメニューから呼び出していた…

  4. TaskChute

    TaskChute超初心者が初心者になるための連載-(6)インターフェイスの解説(その3)

    TaskChute超初心者が初心者になるための連載-(5)インターフェ…

  5. TaskChute

    タスクシュートの間違った使い方(タスクシュート中級講座より)

    2016年2月20日に行われたタスクシュート中級講座の中で、「…

  6. TaskChute

    TaskChuteを使えば「今日やらないこと」を決めやすい

    タスクを効率よく処理するためのTaskChuteなのに「今日やらないこ…

SPONSORED LINK




はま




化学系、会社員、文筆家、趣味で深層心理学のカウンセラーをやったりもしています。

詳細なプロフィール・連絡先はこちらVALU公開中TaskChute情報


↓著書です。

Amazonのほしいものリストを公開中です。

はまへの支援物資リスト

PAGE TOP